満員御礼!

2019年4月20日(土)原宿のKawaii Monster Cafeにて行われた「絶滅体験レストラン」第一回目公演は、

各公演100名様の募集にもかかわらず、合計250名近くのお客様のお越しいただきました。


Concept

絶滅体験レストランとは…

「絶滅体験レストラン」とは、「絶滅」をテーマとした料理・パフォーマンス・展示の3つから構成される体験型イベントです。


 「このままだとやってくるかもしれない、もう一つの未来。」


未来から、今を考える。 

そんなサスティナブル(持続可能)な社会をつくるきっかけを、アーティストがつくります。


Information

第一回目 開催情報

・日時:2019年4月20日(土) 昼・夜 2公演

昼の部:受付14:00 公演時間14:30〜17:00(150分)

夜の部:受付19:00 公演時間19:30〜22:00(150分)

・場所:Kawaii Monster Cafe

チケット

・通常席プラン10,000円

・プラチナプラン20,000円

   (料理がアップグレードされます)

・アクセス:JR山手線/原宿駅から徒歩7分

・住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目31−10 YMスクエア 4F




「絶滅体験レストラン」第一回目 後援

WWFジャパン様

WWFジャパン様は世界自然保護基金、World Wide Fund for Natureの略で、世界最大規模の自然環境保護団体である国際的NGOです。

この度、展示ブースで「ANIMAL_SELFIE」のお写真をご提供いただくのと、上記の支援ステッカーをリターンとしてすべての支援者にお渡しします。チケット代の中に支援ステッカー代を含めることで、このご支援はWWFの環境保全活動資金として、地球と動物たちのために活用させていただきます。

「絶滅体験レストラン」第一回目 協賛

サラヤ株式会社は、【世界の「衛生」「環境」「健康」に貢献する】を事業の柱として、様々な洗浄・消毒剤および食品などを開発・販売する日本のメーカーです。

代表商品である「ヤシノミ洗剤」は1971年、植物性洗剤の先駆けとして誕生し、今では「エコロジー洗剤の代名詞」とも言われる商品。「手肌と地球にやさしい」をコンセプトに、今では当り前に見かける詰替えパックを日本で初めて開発し、省資源とゴミ減量を実現する他、現在では、世界に先駆けて「環境と人権に配慮して生産されたRSPO認証植物油」を採用するなど、原料調達から排水にいたる全行程において環境配慮に対応しており、また売上の1%で植物原料の生産地であるボルネオで生物多様性保全活動に取組むなど、その活動は世界からも高い評価を得ていらっしゃいます。

当イベントでは、アフターパーティの展示やお土産をご協賛いただきまます。

BugMo様

地球に優しいコオロギの養殖と、コオロギ由来の商品開発を進める。 ゲテモノとしてではなく、新たな食材としてコオロギを使った商品を提案していらっしゃいます。 現在はクリケットプロテインバー(抹茶味、チョコ味)を販売中。

リターンと当日の体験ブースにて、プロテインバーをご協賛いただきます。

バラエングループ様

明治13年(1880年)創業、140年続く花卉園芸会社(グループ5社)でいらっしゃいます。

代表の四代目金岡又右衛門は「世界の感動を日本に。日本の感性を世界へ。」届けるため、国内外を奔走し、植物や大地への尊厳の念を第一に活動をされています。 なら橘プロジェクト推進協議会と連携し、準絶滅危惧種である「大和橘」の再生プロジェクトに参画。

絶滅体験レストランのウェルカムドリンクの食材、大和橘をご提供いただきました。

なら橘プロジェクト推進協議会様

なら橘プロジェクト推進協議会は、現在準絶滅危惧種に指定されております日本固有の原種であり、最古の柑橘「大和橘」を守り、広めるために活動をしております。